HOME >  アミノ酸シャンプーと頭皮ケアの基礎知識 >  頭皮にやさしいシャンプー法

頭皮にやさしいシャンプー法

正しい洗髪方法や注意点などをまとめてみました。正しいシャンプーの方法を身につけて、健康な髪と頭皮を取り戻しましょう!

正しいシャンプーの手順

  1. アミノ酸シャンプーシャンプー前に、ブラッシングをします。髪が短い方も、仕上がりが良くなるので、ぜひ試してみてください。
  2. 髪全体を丁寧にお湯で流します。目安は3分程度。ここでしっかり汚れを落としておくことが大切です。
  3. シャンプーを手にとり、泡立ててから髪全体に塗布します。1度目はシャンプーを髪全体に行き渡らせるように、やさしく揉んでから良く洗い流します。
  4. もう一度、手のひらで泡立てたシャンプーを髪につけます。生え際から頭頂部に向かって、指の腹でマッサージをしながらやさしく洗います。充分にマッサージをしてから流しましょう。マッサージの際に、爪を立てないように注意!
  5. 揉み洗いの後、髪にさらに潤いが欲しい方は、数分間泡パックをすると効果的です。
  6. お湯で充分に洗い流します。3分以上しっかりすすいで、シャンプー剤を完全に流すことが大切です。濡れた髪の毛は傷みやすいので、こすらずにやさしく、地肌を中心にすすぐようにします。
  7. リンスやトリートメントを使用する方は、軽く水気を切ってからなじませ、数分放置し、洗い流します。ふんわり軽い仕上がりにしたいときには完全に洗い流し、ダメージケアや剛毛の方は、少しヌルつきが残る程度に流すことで、柔らかく仕上げることができます。

シャンプー前のオイルパックがおすすめ

シャンプーの前にオイルマッサージやパックをすると、頭皮の余分な皮脂や汚れを浮かすことができます。頭皮にもやさしく、地肌も潤うので、日中の皮脂浮きが気になる方にもおすすめです。

使用するオイルは、ホホバ油、椿油、馬油、アーユルヴェーダオイルなどが一般的です。

  1. 小さじ1~2杯分のオイルを手にとり、頭頂部に手のひらをのせ、なじませるように小刻みに動かしながらマッサージします。手のひらのオイルが全て頭皮に染みこんだ感触になるまで続けましょう(5~10分)。
  2. そのまま髪を手ぐしで梳くようなイメージで指を入れ、額やこめかみから後頭部にかけて、マッサージをしていきます。心地よいと感じる程度の強さで数回行います。
  3. 親指以外の4本の指を使い、首筋から頭頂部にかけて指圧します。仕上げに親指だけで首の後ろをマッサージします。
  4. 30分から1時間放置し、充分頭皮に浸透してからいつも通りシャンプーします。放置時間はラップやタオルで頭を包むようにすると、より効果的です。