HOME >  アミノ酸シャンプーと頭皮ケアの基礎知識 >  界面活性剤はなぜ危険?

界面活性剤はなぜ危険?

シャンプー選びに欠かせない、界面活性剤についての知識をまとめました。成分チェックにお役立てください。

界面活性剤=危険物はウソ?

界面活性剤は、毒性の強い危険物と考える方が多いようですが、それには大きな誤解があります。界面活性剤=毒性のあるものと認識しがちなのは、過去に石油系界面活性剤の毒性が問題になったためだと思います。

私自身も界面活性剤は避けるべきものだと思い込んでいましたが、調べてみるうちに、一部誤解していた点があることに気づきました。そこで、正しい情報をまとめてみることにしました。

そもそも、界面活性剤とは、界面活性作用のある物質を指す総称です。界面活性作用とはどういう作用かというと、物にくっつく性質のこと。この性質が色々な事に使用され、商品にも配合されているのです。たとえば、以下のような作用があります。

  • 汚れとくっつく→洗い流すことができる
  • 水溶性の成分と油脂にくっつく→クリームや乳液などを乳化する

つまり、洗浄作用や乳化作用とほぼ同様の作用を界面活性作用と呼んでいるのです。

例えて言えば、石けんも界面活性剤。汚れとくっつくから、手や身体を洗うことができるというわけです。大事なのは、その「くっつく能力の強さ」です。

たとえば、肌の汚れとくっつけることでメイク落としをするときに、汚れがぜんぶくっついても、能力が有り余っていたら…?皮脂とくっつき、必要なものまで洗い流してしまいます。正しい知識を持つと、「界面活性剤=避けるべき物」ではなく、「界面活性剤=種類や強度に気をつけて使用する物」だということがわかります。

良いシャンプー選びをするために

シャンプーも、頭皮や髪を洗浄するものなので、当然のことながら界面活性剤が使用されています。ここで気をつけたいのは、界面活性剤の種類です。界面活性剤にも様々な種類があり、選ぶ物によっては、髪や頭皮に悪影響を与える物も少なからずあるのです。

そして、この「界面活性剤の種類」が、つまり「シャンプーの種類」を分けるということでもあります。界面活性剤の種類別にシャンプーを分類すると、大きく分けて次のように分けられます。

アミノ酸シャンプー●石けん系シャンプー
アルカリ性の石けんを界面活性剤として使用しているもの

●石油系シャンプー
石油系界面活性剤を使用しているもの。最近では製造されなくなったようです

●高級アルコール系シャンプー
動物性や植物性の油脂からつくられた界面活性剤を使用

●アミノ酸系シャンプー
界面活性剤にアミノ酸系の成分が使用されているもの

このうち、高級アルコール系シャンプーに使用されている動物性や植物性油脂からつくられる界面活性剤が、いわゆる硫酸系の成分です。強力で皮脂を落としすぎることから、もともと持っている皮膚のバリア機能を低下させ、薄毛や抜け毛、アトピーなどの悪化や、フケなどの肌荒れを引き起こすなどとされています。

また、石油系界面活性剤は言うまでもありません。絶対に避けるべきです。石けん系界面活性剤は、人体への影響が少なく安全と言われていますが、高級アルコール系シャンプーほどではないにせよ、洗浄能力が強力なため、毎日の使用は控えた方が良さそうです。また、アルカリ性のため、ヘアカラーやパーマの持ちが悪くなるなど、美容の点でも問題があります。

このように整理してみると、頭皮や髪と同じ成分で作られているアミノ酸系の界面活性剤が一番安心して使える物とわかります。人にも環境にも優しく良いことばかりなのですが、少し高価なのが難点といえば難点です。それでも、やはりアミノ酸系シャンプーを選ぶべきと感じます。