HOME >  アミノ酸シャンプーと頭皮ケアの基礎知識 >  ノンシリコンが良い理由

ノンシリコンが良い理由

アミノ酸シャンプーに、シリコンが入っていると良くないのはなぜか? わかりやすく紹介します。

シャンプーに含まれるシリコンとは?

シリコンは、化学反応によってつくられる完全人工物です。スキンケアやヘアケアなどに幅広く使われています。

シリコンは、髪の表面を一時的にコーティングして、見た目や手触りを良くします。ですが大量に蓄積すると、髪を守る力が強くなりすぎて、カラーやパーマがうまくかからなくなります。

また、毛穴詰まりも起こすということで、ヘアケアのし過ぎで毛穴にシリコンが詰まってしまったことが原因の抜け毛や薄毛などが確認されたケースもあるようです。

そんなシリコンがなぜ、一般的に広く使われているのかというと、安価で作れて、ダメージヘアの手ざわりを簡単に改善できるからです。ただし、この改善は一時的なもので、根本的な改善にはなっていないため、知らずに使い続けていると、髪の痛みを進行させることになってしまいます。

毎日使うシャンプーを、ノンシリコンのものにするべきなのは、こういった理由からです。

シリコンだけじゃない!気をつけたい成分

シャンプーに配合されている硫酸についても、注意が必要です。

ラウリル硫酸Naなど、成分名に「硫酸」と入る硫酸系の成分は、コストを抑えて泡立ちよく洗浄能力を高めることができるということから、安いシャンプーには必ずといって良いほど含まれています。

でも、日本のような軟水の国では、この成分は本来それほど必要な成分ではありません。

この成分には、洗浄力が強すぎること、生分解性が悪く、魚への毒性など、環境問題も指摘されています。また、成分が強すぎることが原因となり、抜け毛や薄毛、乾燥、ニキビなどのトラブルを引き起こす可能性も高いのです。

特に、このラウリル硫酸Naは、肌に刺激を与える可能性がある成分として「表示指定成分」になっているものでもあります。泡立ちを良くする反面、皮脂を落としすぎて湿疹の原因になるなどの事例もありますので、注意が必要です。

ヘアケア剤に含まれる、要注意成分

様々なメーカーから、リンスやコンディショナー、トリートメントなどが発売されています。しかし、その成分を比較してみると、内容はほとんど同じです。

シリコンが配合されていることも多いので、その点も気をつけたいところですが、シリコン、硫酸系成分以外に気をつけるべき成分として、次の成分があります。

  • ベヘントリモニウムクロリド
  • ステアルトリモニウムクロリド
  • セトリモニウムクロリド

いずれも静電気防止や柔軟効果がある成分ですが、タンパク変成作用、殺菌作用などもあるので、頭皮には付着させない方が良い成分だそうです。ヘアケア商品を選ぶ際には、成分チェックは必須ですね。