HOME >  アミノ酸シャンプーと頭皮ケアの基礎知識 >  市販のシャンプーとの違い

市販のシャンプーとの違い

アミノ酸シャンプーを使い始めてから、今まで使っていたシャンプーとの違いに驚きました。使用感、効果もそうですが、何より頭皮の状態がこれまでになく良くなったんです。そこで、今まで使ったことのあるシャンプーとアミノ酸系シャンプーの違いを比較してみたいと思い、調べてみました。

一般のシャンプーとアミノ酸シャンプーの違い

アミノ酸シャンプー一般的なシャンプーの主成分となる界面活性剤には、大きく分けて、陰イオン性・陽イオン性・両性の3種類があります。

これに、コンディショニング剤や添加剤が加えられたものがシャンプーとして販売されているのです。アミノ酸系シャンプーと一般的なシャンプーの一番の違いは、この界面活性剤に使用されている成分です。

アミノ酸系シャンプーには、界面活性剤としてアミノ酸が使われていて、それが他の一般的なシャンプーと大きく違う点になります。

髪と頭皮にやさしいシャンプーは?

髪や頭皮に良いといわれるシャンプーには、アミノ酸系シャンプーのほかに、無添加シャンプー、自然派シャンプー、ノンシリコン、石けん系シャンプーなどがあります。それぞれの特徴をまとめてみました。

●石けん系シャンプー
界面活性剤として、石けん成分を使用しているシャンプーです。汚れがひどい場合に適していますが、脱脂力が強いため、毎日洗う人には不向きとの説も。敏感肌向きといわれていますが、石けんはアルカリ性の成分のため、肌への刺激が無いわけではありません。

●無添加シャンプー
「無添加=天然由来の成分を使用している」と考える方が多いのですが、無添加シャンプーという名称には、特に決まった法律や制度はありません。メーカーによっては「無添加シャンプーと名乗っているだけ」の悪質な商品も存在します。そのため、購入には注意が必要です。

●自然派シャンプー
基本的には、天然由来の成分で作られたシャンプーがこのように呼ばれています。「天然のもの=身体に良い」ということで支持されていますが、市販のシャンプーを使い慣れている人には、泡立ちの悪さや、きしみやすさという点で不満を持つ人もいるようです。

●ノンシリコンシャンプー
シリコンは髪に良くないという知識が広まり、ノンシリコンシャンプーが注目されています。シリコンは、使用を中止してもすぐに髪質が向上するものではありません。ノンシリコンシャンプーでの根気良いケアが必要です。アミノ酸系シャンプーの中にも、シリコンが含まれるものがあるようなので、注意が必要です。

●アミノ酸系シャンプー
弱酸性で石けんシャンプーと比べても、肌にやさしいシャンプーです。最も髪や頭皮に対する刺激が少なく、毎日洗う人や、アレルギー体質の人でも安心して使えます。ただし、一般的な合成シャンプーに、保湿目的のアミノ酸を添加しただけのものを「アミノ酸シャンプー」として販売しているメーカーもあるので、商品選びには注意が必要です

どのタイプが適しているかは、頭皮の状態によって違いますし、必ずしも「これでなければいけない」というものはありません。

とはいえ、現状のところ、アミノ酸系シャンプーが最も髪や頭皮にやさしく、抜け毛や頭皮トラブル改善のために適していると言えるでしょう。敏感肌やアトピー肌、赤ちゃんにも安心して使えるところも魅力ですね。